ブス・冴えない・モテないローレベル女子が婚活で美人に勝つ方法

ブス・冴えない・モテないローレベル女子が婚活で美人に勝つ方法

婚活では、冷静さと客観性を持ち相手選びをすることが大切です。虎視眈々と、賢く婚活を進めていきましょう。そのためにも、マウンティングで女子集団を5段階にレベル分けし、自分自身がどのレベルに属しているのかを判断できる能力を身につけておくと婚活で役に立ちます。

関連記事
https://konkatsu-log.com/5/

女子の集まる集団を5つのレベルに分けた時、あなた自身はどのくらいのレベルに相当する女性でしょうか?大体いつも1か2なんだよなぁと言う人も、心配する必要は全くありません。婚活に顔面偏差値はあまり関係なく、レベル5のモテモテ女子は婚活では売れ残りがちです。

関連記事
https://konkatsu-log.com/6/
https://konkatsu-log.com/10/

レベル1・2相当のローレベル女子たちは、上手に婚活戦略を練ることで婚活を有利に進めることができます。

婚活・結婚に失敗しやすいレベル5

「関連記事」で説明しましたが、モテモテに慣れてしまっているレベル5女子たちは婚活では難航しがちです。自分に言い寄ってくる男性が複数人いる状況が当たり前になっているので、恋人との関係がこじれそうになると、関係を修復しようとする努力をしません。一人の男性にしがみつくようなこともありません。

レベル5女子自身がたくさんの男性から言い寄られるので浮気癖があり、「私結婚には向いてないかも」と自覚している場合もあります。結婚相手を探している男性側からしてみても、綺麗で美人な奥さんはいいけれど、あまり目立ち過ぎないほうが良いとか、浮気の心配が無いほうが良いと考える人が多いので婚活市場ではあまり人気がないのがレベル5女子たちです。

堅実な結婚生活を遅れる可能性が高いレベル1と2

自分はそんなにモテないことをわかっているレベル1・2女子たちは、相手をできるだけ思いやり男性との関係を大切にしようとします。超イケメン超高給取りを狙うのはちょっと高望みになってしまうので失敗してしまうことがありますが、自分のレベルに合った分相応の婚活を進めていけばうまくいく確率が高いと言えます。

自分が器量良しではない分、料理の腕を磨いたり相手との時間を大切にしようと努力できるレベル1・2女子は、男性に「この人を苦労させたらいけない、大切にしなければ」と言う意識を芽生えさせます。ハイレベル女子たちよりもローレベル女子たちの方が、経済的に安定し平凡だけど穏やかで幸せな結婚生活を送れる可能性が高いのです。

レベル1・2女子の婚活戦略

「レベル」「レベル」と言っていますが、この「レベル」と言うのはその時々の集団のメンバーや人数で相対的に変動するものです。ある集団の中ではレベル2の女子は、別の集団の中ではレベル4に上がることもあります。この変動制を利用して、婚活を有利に進める戦略を練りましょう。

女性の少ない別の集団の中でレベルアップを図る

化粧品の美容部員、キャビンアテンダント、エステサロン勤め、人気ブランド店の店員など、ハイレベル女子が多く集まる集団があります。もしあなたがそんな集団の中で働いていたとして、自分のレベルが1か2だなと感じるなら別の集団に移ってみると良いでしょう。ハイレベル女子の集団の中にいて、彼女たちと一緒に合コンに参加したりしていても、あなたにとって利になることはあまりありません。

職を変えるのはなかなか大変なので、女性の参加者が少ない婚活パーティーや習い事、趣味サークル、オフ会などが狙い目です。例えば釣りや車、バイクが趣味の人の集まりや、男性が多く通う習い事、資格試験に向けた講習会など、女性が少ない集団を狙って参加してみてください。必然的に、その集団の中でのあなたのレベルがアップするはずです。

リア充男子を狙わない

ローレベル女子が狙うべき男性は、非リア充男子です。日常が充実しているリア充の男性は交友関係の幅が広いことが多く、女性の知人友人が多い可能性が高いと言えます。そうすると、彼の知り合いや周りにいる女性たちの中で、相対的にあなたのレベルが下がりがちになってしまいます。

上で説明した法則と同じで、女性関係規模が少ない男性を狙うことで相対的なレベルアップを図ることができます。

男性の自尊心をくすぐる

男性は褒められたり尊敬されたりすると喜びます。男性は女性の印象を決める時、性的な下心が男性の判断に影響しますが、時に男性の自尊心は性的下心を上回ることがあります。

関連記事
https://konkatsu-log.com/2/

その男性がプライドをかけていること、自信を持っているもの、重要視しているものを探りましょう。それが分かったらそこに焦点を定めピンポイントで褒めまくるという作戦で男性の自尊心をくすぐりましょう。男性がうんちくを披露したい時や、自慢話をしたい時には、面倒臭がらずに親身になって話を聞いてあげるとポイントアップです。



error: Content is protected !!